フランス庭園

これは新宿御苑のフランス庭園!うーん、ぜんぜんフランス庭園じゃないよぉ〜そもそもどこかしら「丸い」。 サツキとかそういうものの丸い刈り込みってどうしても日本風。 むこうにエンピツビルがみえる。 その手前左に、骨みたいな木々があるんだけど、それ…

富士山

新しい年も明けて、お正月も過ぎれば、ふつうの日常がやって来て、あぁ1月もすぐに「いぬる」のかなぁ〜と思いつつな今日このごろであります。 本年もどうぞカルポスよろしくお願いします。昨日の某13階から見た「富士の山」。右手は新宿のビルたち、NT…

リーフバンク

検索したら、エコ。 詳しくは、http://www.jca.apc.org/~sahel/ 緑のサヘル・ツールバー ツールバーをダウンロードすれば、エコ検索バーが現れる。そこで検索するようにすれば、検索されたときに発生するお金の20%がエコのために用いられるという・・・間…

通り抜ける

奥多摩、数馬の切り通し 岩と岩の隙間に火を焚きながら、水をかけて冷やして割った。 どうしてもここをゆかねばならぬってときの、道。 岩をも割って、そこを通ったむかし道。

散歩

桜が咲いている週末、歩いたときのもの。 携帯で撮ったからあんまりだな、あぁ今年は写真ぜんぜん撮れなかった。 最近はとにかく毎日かならず歩くようにしてる。じゃないとたいへんな重量をおびてしまいかねないから。 しかも燃焼しない。頭に血がのぼって燃…

ススキ

この季節の独特な光かげん。 やっと秋から冬への変化に対応できるようになった、って感じだよ。 そもそも秋になると「長そで」の服を着なければならないでしょ。そうすると、え?去年はこれ、こんなにきつくなかったよね、腕のあたり・・・なんて思ってしま…

アオギリ親子

広島の平和公園にあるアオギリの親子。 被爆したアオギリの遠くむこうでアオギリの芽が出て親アオギリのそばに子アオギリを移植したらしい。互いに元気に育ってる。 一見どっちが親でどっちが子なのか分からないんだけど、まぁ、どっちでもいいや。 左が幹が…

梅雨明け

・・・というわけで梅雨も明けて、本格的な夏! 今日の関西地方の空の色ったら、青かったよー。 あの空の青と、入道雲の白。 これで夏の背景は整った。 あとは、もう、なんでもいいや。 ゆっくりゆっくり、 のんびりのんびり。 (笑) こんどの土曜日は市谷の援…

うつろい

お花たちに顔があるってわかってからは その表情を見るのが なんだか うれしかったりするよ それだけじゃなく ほかのなにかも ある ような気がして うつろいゆく 春のつめたい 風に 花も 生きよ それは あるがままの すがた あるがまま? あなたの見たままの

アマリリス

潜在する赤! 実家から託された水栽培のアマリリスが、とうとう咲いた。 根というか、球根というか、 白いプラスチックの鉢に、ただ、株がのっかってただけで、 ただ、水をやっていただけで、一回だけ、Fさんが、肥料をやっただけで、 こんなのが咲くなんて…

さくらのお顔

さくらを見てて思うんだけど、 さくら自体が光ってるわけじゃないんだよ。 さくらはさくららしく咲いているだけ。 光のあたり方で表情がずいぶんちがうよ。 空が晴れて、きら〜って光がやってくると、 人間たちの表情がきらきらと輝いて、さくらを仰ぎ見る。…

さくら

おぉ、さくらたちよ! ありがとう。 今年もあなたたちが咲きたいように咲いてくれるから、 忘れないでいられる。春ってこういうことなんだってね!

四谷の土手のところ。 毎日ここを歩いて通ってたんだけど変わらない道だな。いい感じ。 ここの坂道をのぼったりおりたり、心ものぼったりおりたりしながら歩いたっけ。 のぼりきったら四谷見附の交差点、 信号機がなんか変わったみたい。最新式できれい。 信…

ススキ

通勤途中のススキ、秋だな。 そろそろ冬支度を(しないとネ)って思うんだけど、 こーあったかくちゃ冬って感じもしないしね。 (つまり、だから、冬支度したくない>自分) でも、そもそも冬支度って冬になってからするもんじゃなくって、 冬の前にするもん…

コスモス

こういうコスモスが見に行きたい秋だなぁ〜 Photo by Katayanagi 時々親切な仲間がみんなに向けて送ってくれるフォト、ありがたい、そこに行った気になりますね。 あぁ、コスモスが風になびいててキレイ。 この風を画面上に感じようとするんだけどやっぱバー…

こすもす

夕方歩いていると最後のコスモスなんだろうな、もう枯れる寸前のコスモスたちが水のない川に咲いていたよ。夏の間、ここの小さな川岸で一生懸命お水をまいていた近所の方々、コスモス咲いたね。お家からわざわざ水道のホースを引いてきて水をあげてた。すご…

京都

賀茂川の荒神橋から眺めたところ。 写真に見えないんだけど、向こうの方に山々が見える。京都の人は「やっぱり京都には山があって川があってええとこどす」っておっしゃるけど、ほんとそれはそうだと思う。なんか空間に余裕があるように感じるんだな。たぶん…

マロニエ

ヘッダの写真は去年の巴里のマロニエ。 夏はあちこちでマロニエの木がぐんぐん伸びて木陰をつくってた。 梅雨のようだけどもう30℃にまであがってて、 夏でしょ、これ。 ぜんぜんそうじゃないけど、もうバカンス・ムード。 願望だけでも ネ (^^♪

暑いね

脳のなかが燃えている場合、 www.team-6.jpどう冷やしたらいいのでしょう?

バラが咲いた

バラが咲いた、バラが咲いた、ピエール・ロンサール〜♪ 昨日、家に着いたら「バラが咲いたのよ〜」という喜びの声が! このバラ三年目、一年、二年は花が咲かなかったらしい。 今年初めて咲いたバラ! 綺麗だなぁ。 うちの仲間によれば「あなたたちを待って…

またもや桜

それにしても、桜。みごと。 春が来て、ことしもまた春が来て。

桜のつづき

夜、ほんとうではない色に光る。 そうだとしても自分を見失っちゃいけない。 あぁ、これは自分じゃないと、 泣けばいいよ。

見たかったのはこれ。 春の宵。 とんぼがえりの新学期。

秋雨

窓を三分の二閉めて涼しい、秋雨。 なにかを考えるにしても、 なにかを想フにしても、 なにかを読んでみるにしても、 なにかを書こうかなって、気持ちにもなる、 落ち着いた秋が、来る。 やっと。

奥多摩むかし道

P、Ki、Kaと一緒にとりあえず行って来た。 奥多摩むかし道&もえぎの湯。 http://www.tachikawaonline.jp/city/view.php?area=26&cate1=13&cate2=5&id=1044&mode=details 途中、むかし道が壊れてて迂回するようにとか、昨日崩れたという崖の岩がむかし…

世の果て

ほんの一ヶ月前、→のような→、 アルプスの懐深く、美しい滝の前で、 おお、これが世の果てですか、 などと言いながら涼んでいたんだなぁ。 ああ、しかしわが国の湿度もかなり世の果て。 世の果てが皮膚にはり付いてるって?額に滝のように流れる汗。 かの国…

32℃

今日のRER、冷房なしの中央線、八王子まで満員電車という感じ。 しかし冷房なくてもいいから、窓くらい開けて欲しい。 乗ってる人たち、我慢強い人たちだなぁ。 皆の額から、汗が玉のように滴り落ちていた。 しかし今日ご到着の日本のご一行には気の毒だ…

夏が来た。 もうすっかり夏になった。 西日の9階部屋、暑。 書くということは読むということなのだということを知る。 一生涯のうち、こんなに何度も自分の書いたものを読み返したことはない。 書くってほんとにたいへんな仕事なんだな(他人事のよに)。 …

寒い6月

6月になったというのに日中15℃くらいにしかならない、寒い。今日はちょっとそれでも上がったかな。でも、先週一週間はひどかった。今も冬のフリースを着てる。何日かぶりに家を出てみたら、足がなえているのに気がついた。駅まで行くのにこんなに時間がか…

紅葉

秋の紅葉だねぇ。日本の秋だねぇ。 紅葉狩り行きたいなぁ。 やっぱり湿度のせいかなぁ、赤くならないのよね。 どちらかと言えばここは黄金な感じ。 photo by Hiroshi Katayanagi